腎臓病は食生活の改善で治療できる|怖い病気の予防法や治療法

医者

胃がんの検査方法

医者と看護師

胃がんは死亡率は低いですが、仕事やプライベートに支障をきたす症状を発生させる怖い病気です。病院で症状に見合った治療法を受け、早い段階で完治させましょう。治療法には内視鏡検査や病理検査などがあります。

» 詳細へ

原因不明の怖い病気

夫婦

脳動静脈奇形は、主に脳内出血やくも膜下出血などから派生する病気として知られています。脳動静脈奇形の検査はCT検査や頭部のMRI検査によって行なわれ、検査結果次第ではガンマナイフを用いた放射線治療を勧められることもあります。

» 詳細へ

原因や発症する症状の種類

看護師

腎臓病は、普段の食生活で治療効果を上げることのできる病気です。毎日、1日3回の食事を継続しましょう。それだけである程度の効果は得られます。あとはその食事の内容に気を付けましょう。まず、タンパク質の摂取量に注意しましょう。過剰摂取は腎臓病や肥満の原因となります。ただ摂取量を意識し過ぎるあまりカロリー不足になってしまうと、体調を崩してしまいます。一定量のタンパク質は毎日摂るようにしましょう。塩分の摂り過ぎも十分な注意が必要です。塩分を抑えた料理は味気なく飽きが来ますが、慣れれば特に気にすることなく食事が取れるようになります。他にもカリウムやリンの摂取量、そして水分の摂取量など、注意すべき点は多々あります。いくつかの注意点を守った食事、食生活を続ければ、腎臓病の症状が次第に治まっていくでしょう。

腎臓病が進行した場合、血尿や高血圧、尿毒症といった症状が現れる恐れがあります。この中でも特に厄介なのは尿毒症です。尿毒症は倦怠感や食欲低下、睡眠障害といった症状を次々に発症させます。また尿毒症から呼吸困難が発生することもあります。このような状態にならないよう、初期症状が出た時点で病院へ行き検査を受け、薬物療法や食事療法を行ないましょう。腎臓病を放置しておくと、最悪の場合人工透析が必要な状態にまで陥ってしまう恐れがあります。人工透析は一生涯続く治療です。生活習慣や定期的な健康診断を意識し、腎臓を常に健康な状態に保つよう意識しましょう。

NK療法でがん治療

カウンセリング

NK療法は、「4つめのがん治療法」として話題を集めている、新たながんの治療法です。副作用を発生させず、何より体に負担を与えない治療法として注目されています。1回あたりの手術費用は高いものの、高い効果を発揮します。

» 詳細へ